▲TOP

キッズスマホとして最適!ツタヤのスマホTONE

見守り機能で、キッズスマホとして最適!ツタヤのスマホTONE

子供を見守れるキッズスマホが欲しかったんです。
スマホを持たせないと心配だったのですが、スマホを子供達に持たせること自体にも、不安がありました。安心して子供にスマホを持たせられることが大前提だったんです。

 

ツタヤのトーンは、コスパだけでなく、見守り機能や利用を制限する機能も充実していて、子供にも安心して持たせられる。

 

だから、私達は、TONE【トーン】を選びました。

 

子供にスマホを渡す前に

機能ではなく、お願いです。年齢にもよりますが、子供達は、まだまだ知識や判断能力が足りません。
制限する機能だけで、スマホを利用するリスクが完全になくなる訳でもなくて、SNSを利用したいじめの加害者側になったり、または、コミュニティサイトで犯罪に巻き込まれる事件も起こっていますから、保護者の方から子供にしっかりと、スマホの利用の仕方を教えていく責任があります。スマホを渡す前に良い機会ですから、子供とよく話し合って、スマホの利用ルールを決めましょう。

 

「キッズスマホ」に最適な、TONE【トーン】の機能

Webフィルタリング NEW!

TONE(トーン)フィルタリングソフト

ネット上には、様々な危険が潜んでいます。アダルトサイトや暴力系や違法行為などの有害サイトにアクセスしたり、高額課金などのトラブル、またコミュニティサイトを利用して犯罪やトラブルに巻き込まれたりする事例も絶えません。

子供をこのような危険なWebサイトへアクセスしないように制限することが、「キッズスマホ」として一番大事な役割だと思います。TONEは、アクセスするWebサイトにフィルターをかけて、アダルトサイト、出会い系サイト、その他有害サイトへのアクセスをブロックするフィルタリングサービスを導入しました。「アルプスシステムインテグレーション(ALSI社)」のフィルタリングサービスは、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンクの大手携帯電話通信会社)も採用している信頼のできるフィルタリングソフトです。「小学生」「中学生」「高校生」の3つのモードを選択することで、簡単に年齢に合わた推奨設定にすることが可能です。また、Webサイトごとに「ホワイトリスト」に登録すれば、見て良いWebサイトをカスタマイズすることも可能です。

 

子供が今、どこにいるのかわかる

TONEのGPS機能により、今どこにいるか分かる

塾や習い事などで、子供の帰りが遅くなるのは、どうしても心配ですよね。送り迎えが可能なら良いでしょうが、いつも必ず送り迎えが出来るとも限りませんから、いつでも連絡の取りあえる携帯電話やスマートフォンを子供に持たせておきたいと思うのは当然ですね。できれば、GPS機能付で居場所が追跡できれば、さらに良いでしょう。子供がどこにいるのか心配になった時、GPSで子供の居場所をリアルタイムで追跡できて、いざという時でも、すぐに連絡が取りあえるスマホを持たせておくことは、防犯上にも有効です。

 

TONEなら、GPS機能付で、親のスマホやPCから、子供の位置情報の確認が簡単に出来ます。また、「ジオフェンス」という機能で、あらかじめ設定している施設に子供が出入りすると、指定したメールアドレスにすぐに通知が届きます。塾に到着したことや、塾から帰る時間まで分かるので安心して見守ることができますね。

 

アプリのダウンロードを制限できる

TONEのキッズスマホ、アプリを制限できる

TONEは、子供がいつの間にかアプリをダウンロードしたり、有料コンテンツを購入しないように、パスコードを設定しておくと、そのパスコードを入力しないとダウンロードや有料コンテンツの操作が出来ないようになっています。子供が欲しいアプリなどができたら、「おねだり機能」で、親のスマホにリクエストを送ります。親の承諾を得られるとアプリを起動できるようになる、つまり子供のアプリを親が選べるようになっています。

 

ツタヤのTONE【トーン】でLINEの利用

 

LINEも使えるの?
友達とLINEでおしゃべりしたり、スタンプの交換もしたいの


TONE【トーン】で話題のアプリ「ポケモンGO」の利用

 

僕はポケモンGOをやりたい!
友達とポケモン探しに行きたいんだ


TONE【トーン】でアプリのおねだり

 

いいわ、トーンでアプリを選んで、「リクエスト」を送ってね。
でも、LINEは、友達の悪口を書いたり無視とかすると仲が悪くなる原因になるから、絶対にしないように守れる?
ポケモンGOは、歩きながらスマホをいじって交通事故にあったら大変だからね。歩きスマホをしないって守れる?


※「ポケモンGO」をプレイできる端末は「TONE m15」のみ、ジャイロセンサーを搭載しているので、AR機能も楽しむことが出来ます。

歩きスマホをしないように

最近、「ポケモンGO」の人気もあり、歩きスマホによる交通事故や、ホームからの転落などが問題視されています。TONEは、子供が歩きながらスマホを使っていると認識すると、「警告機能」で設定したアドレスに通知が送られます。もちろん、歩きスマホをしている本人の画面にも警告を表示して防いでくれます。

 

TONEのキッズスマホ、歩きスマホ防止機能

 

 

トーンで、ポケモンGOが遊べるのは、m15だけなんだって。
歩きスマホは、できないから大丈夫〜

 


スマホを利用する時間を制限できる

TONEのキッズスマホ、時間制限

トーンは、アプリなどを利用する時間帯や、1日に利用できる合計時間を制限することができます。例えば、ゲームアプリは1日1時間だけ、SNSは20時までなどと、アプリごとに合計時間の制限や、時間帯で制限することもできます。利用可能時間外にアプリを起動しようとすると、「現在利用できない時間です」という画面が表示され、該当のアプリを起動することが出来なくなります。また、スマホ端末自体に時間帯や曜日の利用制限もすることも出来ます。

 

こうすることで、子供がスマホに夢中になり過ぎないよう、スマホとのちょうどいい距離感を保ち続けられます。

 

大事な伝言は、見逃さない

TONEのキッズスマホ、エアノック

緊急な伝言や、大事な伝言は、確実に伝えたいものですね。TONEなら、メッセージを確認し続けるまで表示し続ける仕掛けになっているので、子供が読まずに閉じてしまう、ということがありません。

 

また、伝言やLINEを送って、すぐに気づいて欲しいときってあると思います。そんな時に使えるのが「エアノック」機能です。このエアノックは、なかなか便利のもので、エアノック画面を開いて、ドアになっている画面に「コンコン」とノックします。すると、ノックした回数と同じ回数だけ子供のTONEに「コンコン」と音がなります。
また、相手がマナーモードになっている場合は、ノックと同じ回数だけ振動するのですが、マナーモードになっていてどうしても気づいて貰えない場合、5回ノックすると強制的にマナーモードが解除されて、振動ではなく音を鳴らせて気づかせる、ということもできます。

TONEのキッズスマホ、エアノック

 

呼ぶときは2回ノックして、
「分かった」って返事は1回ノック、
とかって決めておくと、ノックだけで済むから便利ですよ!


 

TONE

 

TONEの見守り機能を利用するには

TONEファミリーオプション

家族を見守るため機能を利用するには、オプションサービスの「TONEファミリー」を利用します。
お子様が現在いる場所をGPSで検索したり、お子様のアプリ、利用時間、連絡先などを制限できます。
また、家族同士で助け合える家族サポートや日々の活動量を記録できるLIFEサポート機能もあるので、離れて暮らす両親もみんなで利用できることがTONEの素晴らしいところです。

 

 

ところで、TONEを利用するにあたって気になる点を解消しておきましょう。

 

TONEモバイルQ&A

 

 

子供や実家の両親にTONEを持たせたいけれど、自分は今のスマホが気に入っててそのまま使いたいんです。
その場合TONEファミリーの機能は使えないのかな?

 


TONEモバイルQ&A

 

 

同一名義で契約されているご家族のTONEは、他社のスマホやパソコンからでも見守ることができますよ
ただし、見守りを受ける端末はTONEである必要があります。

 


TONEモバイルQ&A

 

 

そうなんですね
でも、見守り機能を十分に利用できなかったりするのでは?

 


TONEモバイルQ&A

 

子端末の状況を登録しているメールアドレスで受け取ることができます。
iPhoneやAndroid端末なら、専用のアプリ「TONE見守り」をインストールすることですべての見守り機能を活用できますよ
パソコンから利用するには、ブラウザからログインすることで対応しています

 


TONEモバイルQ&A

 

 

TONEを持っていなくても、他社のiPhoneやAndroid端末から見守れるのですね
安心しました!

 


TONEモバイルQ&A

 

 

同一名義のグループ内で保護者になれるのは1アカウントのみですが、見守られる側のTONE端末は最大4台まで登録できます。

 


TONEモバイルQ&A

 

 

親端末が1アカウントのみということは、夫婦2人で見守ることができないということですか?

 

 


TONEモバイルQ&A

 

 

見守る側は、同じアカウントでログインすることで別の端末からでも見守ることができます。
ただし、受け取れるメールアドレスは1つになるので、グーグルやヤフーのフリーメールを2人で共有するのもひとつの方法ですね。

 


TONEモバイルQ&A

 

 

なるほど、妻と2人で共有するメアドを作って、同じアカウントでログインすれば解決するんですね

 

 


TONEモバイルQ&A

 

 

それから、TONEではIP電話が利用できるので、アプリを利用すると、TONEの子端末へ無料電話を掛けることができますよ。

 

 


TONEモバイルQ&A

 

 

えっ!家族間で無料通話が可能なんですか?

 

 


TONEモバイルQ&A

 

 

はい、保護者の端末は、TONEに限らず他社のスマートホンからでも無料通話を掛けることができます。ただし、子端末からの折り返し発信はできないので、子端末から無料通話を発信するにはLINEアプリを利用すると良いでしょう。

 


TONEモバイルQ&A

 

 

なるほど、でも基本料が安いのにこれだけの機能が使えるのは凄いですね
ところで「TONEファミリー」はオプションですよね。利用料が高いのでは?

 


TONEモバイルQ&A

 

 

「TONEファミリー」のオプション料金は、見守る側もTONEなら無料で利用できます。他社なら、オプション利用料が月額200円掛かります。

 


 

TONEファミリー親端末から利用できる機能一覧

見守り機能

TONE

他社スマホ

PC(ブラウザ)

見守り設定をした子端末の
現在地を表示

30分ごとの過去の位置情報
を表示

長押ししないと消えない伝言
を送れる機能

子端末のホーム画面をシンプル
またはTeen画面に固定

子端末のバッテリー低下/
高速チケット購入時の通知

子端末が1日歩いた実績がない
場合に重要な通知が届きます

歩きスマホ検知時にお知らせが
届きます

あらかじめ登録してある場所に
子端末が出入りすると通知

子端末が乗り物で移動している
ことを検知すると通知

アプリのみ

アプリのみ

子端末で使うアプリの種類と
利用時間を制限できます

子端末の利用を曜日、時間別に
制限できます

子端末のPlayストア、設定ア
プリ等にパスコードを設定する

パソコンから子端末を操作する
ことができる「家族サポート」

子端末の歩数や消費カロリーを
確認できる「ライフログ」
※子端末でライフログの設定が必要

子端末のネットフィルタリング
の設定をすることができる

保護者のTONEをノックすると
子端末が反応「エアノック」

 

TONEモバイルQ&A

 

 

すごい、保護者がTONEを利用していなくてもこれだけの機能が月200円で利用できるんですね。
さっそく、子供にTONEを申し込んでみます。実家の両親にも勧めなきゃ

 


TONEモバイルQ&A

 

 

TONEはネットからでも簡単に申し込みができますよ。
店舗で長時間待たされることもないのでお勧めです。

 


TONE

 

 

 

 

鈴木さんちは、TONEファミリー

 

 

 

ツタヤのスマホTONE【トーン】を徹底比較

TONEの基本料1000円は本当にお得?

TONEの基本料1000円はお得なのでしょうか?安かろー悪かろーの使えないスマホでは、意味がありませんよね。実際どうなの?という疑問にお答えします。
ということで、ひいきめ無しに他社とプランと比較してみました!

 

【TONEモバイル】VS.【OCNモバイルONE】

 

【TONEモバイル】VS.【UQモバイル】

 

 

キッズスマホとして使えるスマホ?

ツタヤのトーンは、誰にでも使いやすいスマホと言っていますが、キッズスマホとしてはどうでしょう。子供に渡しても安心なスマホはどれ?という疑問にお答えします。
ということで、ひいきめ無しにキッズスマホ専用の端末と比較してみました!

 

キッズスマホ端末比較!【TONEm15】VS.【auミライエ】

 

キッズスマホ端末比較!【TONEm15】VS.【ポラスマ】

 

 

TONEと比較してみて下さい。
フィルタリングアプリが無料で利用できる格安SIMについてよく纏められています。

 

格安SIMを利用してキッズスマホとする方法


※外部リンクサイト

 

 

 

 

TSUTAYAのTONE【トーン】基礎情報

TSUTAYA【ツタヤ】のTONE【トーン】で利用できるサービス

回線:IP電話、ドコモ回線(090オプション)
インターネット:使い放題(500kbps〜600kbps)
MNP:利用可

IP電話050:利用可

090,080,070:オプション

SMSオプション

別途必要

高速チケット

別途必要

 

TONE端末詳細

TONE m15

TONE m14

LTE対応、安心機能充実の高機能スマホ
29,800円(税抜)

初めてのスマホに、シンプルな低価格端末
19,800円(税抜)

寸法:147.9×74.5×8.6(mm)
重さ:165g
ディスプレイ:1280×720ピクセル、5.5インチ液晶
背面カメラ:1300万画素
前面カメラ:500万画素
Android5.1(TM)、Google Play(TM)搭載
CPU:MediaTek MT6735(64bit 1.3GHz クアッドコア)
メモリ:ROM16GB、RAM2GB
外部記憶:microSDカード(最大32GB)

寸法:151×77.5×9.5(mm)
重さ:189g
ディスプレイ:960×540ピクセル、5.5インチ液晶
背面カメラ:800万画素
前面カメラ:200万画素
Android(TM)4.2.2、Google Play(TM)搭載
CPU:クアッドコア1.3GHz
メモリ:ROM4GB、RAM1GB
外部記憶:microSDカード(最大32GB)

 

通話料

通話先

050IP電話

090音声通話

(090音声オプション)

TONE同士

0円

18円/30秒

国内携帯電話宛て

21円/分

国内一般電話宛て

13円/3分

 

 

基本プランとオプション料金

 

月額料金(税抜)

手数料等(税抜)

基本プラン

(パケット使い放題

通話基本料を合わせて)

1,000円

契約事務手数料

3,000円

IP電話かけ放題オプション

700円

SMSオプション

100円

090音声オプション

953円

契約事務手数料

1,500円

高速チケットオプション

1GBあたり(最大2GBまで)

300円

フラットオプション

高速チケット1GB+IP電話60分

=1,560円分

500円

安心保障オプション

500円

TONEファミリーオプション/

保護者がTONEを利用していない場合

0円/

200円

 

 

 

 

 

TONE